グリーンハ~モニー 

 

無添加・無香料 本物の香りと味

 

苺のまち精華町産の “完熟苺” が2つの味を生みました。
1つは、苺のお酢 “華いちご” 天然醸造のお酢との出会いで毎日の健康と美容に。
もう1つは、せいか苺のフレーバーティー “苺一会”
お茶のまち和束町との出会いは、スィーツとの相性も良く、
勉強・お仕事の合間やほっこりとした時間を演出します。
無添加・無香料の味と香りをお楽しみいただけます。

 

 

SHOP INFO

 

自然が好きなお花屋さん
Green Harmony
グリーンハ~モニー

 

〒619-0232
  京都府相楽郡精華町桜が丘3-31-7

TEL/FAX 0774-73-0824

●定休日日月祝第2.4土曜

MAIL:tdkobaya@gmail.com

※お花はご予約専門です

http://facebook.com/greenharmony.kyoto

 

ホームページ

 

 

【 経営理念 】
自然が好き。自然をもっと身近なものとして楽しんでいただくために事業を展開する。

 

【 事業展開 】
事業を進めていくことで、精華町の良さを発信。来てみたい、繰り返し来てみたい精華町として交流人口を増加させ、住んでみたい精華町に繋げていく。

 

【 沿 革 】
1997年(平成8年)1月
「花たちをもっと身近なものとして楽しんでいただきたい」——と現住所に生花店を開業

 

2008年(平成20年)
「予約専門店」に移行。

 

2015年(平成27年)
早期退職した小林正が、「“ビル”から“地域”へ。生きる場を転換する」と代表就任。

 

2016年(平成28年)
「飛び出すお花屋さん」実施。マルシェ、フェスタなどに出展し、精華町をPRする「Made in京都フェスタIN SEIKA」をけいはんな記念公園で開催しました。

 

2018年(平成30年)6月
精華町特産品「せいか苺のフレーバーティー」を製造し、“苺一会🄬”との愛称をつけて販売を開始しました。

 

2020年7月(令和2年)
新しい「せいか苺の加工品」の開発・検討の結果、苺生産者・井上拓氏と、伝統製法天然のお酢の販売者・中野善之氏の協力で、「苺のお酢・華いちご」の製造を開始しました。

 

2020年8月(令和2年)
精華町商工会の山本貴也支援員の協力で「京都府・経営革新計画」を申請し承認されました(8月)。

 

【経営革新計画】(2も第304号)のテーマ
いちごのまち精華町の「苺」を使って京都初。
グリーンハ~モニーのレシピを使い「美味しさ・安全」にこだわる精華町産の「苺」と、京都にあった「伝統製法で仕込む正しいお酢」をコラボさせ、
健康志向の京都の逸品『いちごのお酢』を、製造・販売。「地域逸品の酢」(飲む・食べるお酢)のグリーンハ~モニーを目指しつつ、地域貢献(精華町の発信)を継続する。

 

2020年(令和2年)12月
せいか苺の新しい加工品、「苺のお酢“華いちご”」の販売を開始しました。

 

代表 小林 正 拝

 

PS. フォークソングライブを趣味に、渓流(岩魚)釣りを道楽に、
信頼できる仲間たちと人生二周目を楽しんでいます。